風の吹くまま きまぐれ雑記帳

写真と雑文

天城甘茶 



201707051.jpg

天城甘茶と書いて有ったけど 甘茶と紫陽花の違いが分からない

甘茶でカッポレと言うくらいだから 薬になるのかとは思うけどさ

名の由来は、伊豆半島の山には、生の葉を噛むと甘みがある木があり、
古くからこの地方に住む人は、これを甘木(あまぎ)と呼んでいた。
この甘木が多く自生する山を天城山と呼び、これからアマギアマチャの名になった(水野瑞夫薬草講座さんより)

これにはヘェ~!だけど 結晶にするとサッカリンの2倍の糖分が有るのだとか

天城越えも 甘茶の葉を噛みながら・・・でもこの暑さじゃ クラクラ燃えるのは熱中症だからね ((^┰^))ゞ テヘ








写真クリックで少し大きくなります

画像の無断使用はお断りね

CM: --
TB: --

▲Page top